忍者ブログ

英語学習・英語教材徹底比較道場のブログ

元トラックドライバーからMBAホルダーとなったGLJ英語学院代表が公認する英語教材英語学習を徹底比較するサイトです。


90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる

英会話の短縮パターンを知る パート2

 

 

1万人以上が読んでいる!無料メール講座全5回

「英会話をマスターして人生を逆転する方法!」

今だけ講座最終日に全ノウハウ公開のテキストプレゼント中!

http://www.entrek.jp/ebrtg57v

 

こんにちは。

山本です。

 

 

今日は晴れて暖かい日です。

最高です!

 

 

さて、本日のトピックですが、

 

 

「英会話の短縮パターンを知る パート2」

 

 

です。

 

 

それでは、その前に・・・

 

 

今日も僕が選んだ厳選情報をお届けします。

 

 

実際に目にして、手に取ったモノを厳しい目で見て

選別している内容ですから、安心して是非ご覧下さい!

 

 

同じモノが続くケースはありますが、

それだけ厳選しているという事です。

 

 

ここに掲載されるモノの背景には、事業主として

何百という数のモノを検証しています。

 

 

僕と本当に希少な確率でご縁のあったとても大切な

あなたの為に必ずお役に立てる内容のモノしか掲載しません。

 

 

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 1:絶対オススメ厳選情報

 2:本日のトピック

 3:編集後記

 

■ 絶対オススメ厳選情報━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

【英文をスラスラ読む事ができる速読術】

 

 

本日は久しぶりに速読に関する情報

をお伝えします。

 

 

具体的にこの速読術を身につけながら読んで欲しい

洋書も下の方にご紹介します。

 

 

速読をマスターすると人生が変わります。

英語力も上がります。

 

 

だからこそ、皆さんにも是非マスターして

欲しいと思っています。

 

 

速読をマスターできると時間がとても有効に活用できる

だけでなく、頭の回転が早くなったり、記憶力が

良くなったりします。

 

 

もし速読をマスターしている人がいるなら分かると思いますが、

明らかに以前の自分の記憶力や頭の回転数のスピードが違う事を

実感できます。

 

 

だからとてもやる気になって、行動もでき、

正のスパイラルに入ります。

 

 

それぐらい貴重な技術です。

 

 

速読ができるようになって、もちろん英語力も上がるので

ご紹介しています。

 

 

そしてその僕が認めている英語学習に役立つ速読や記憶を

高める方法がこの世に2つだけあります。

 

 

そのうちの1つですが、

 

 

任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村先生

をご存知ですか?

 

 

この川村先生が開発した速読術です。

これが本当に驚く程、効果があります。

 

 

僕は仕事柄、たくさんの本を読まなければなりません。

 

 

特に経営や英語学習に関する書籍、ノウハウなど

もうどれだけ検証したか分からないぐらいです。

 

 

その為にどうしても速読は身につけたい技術でした。

 

 

そして速読は単純に本を速く読めるという事だけでは

ありません。

 

 

冒頭にも書きましたが、

速読の効果は、非常に頭の回転が早くなる事は

間違いありません。

 

 

記憶力も高まります。

 

 

しかし世の中には腐るほど使えない

速読法があります。

 

 

僕は高額なお金を払ってどれだけトライしたか

分かりませんが、川村先生の方法がベスト

だと今では言えます。

 

 

それはまず継続しやすいカリキュラムである事です。

 

 

やってみれば分かりますが、何か遊んでいるような

感覚に陥ります。

 

 

しかも1日数分程度で良いのです。

 

 

また速く読むという事は当たり前ですが、

得られる情報量を数倍にアップさせる事も

できるからです。

 

 

いくら読む速度が速くなっても意味を理解していない

モノは使えません。

 

 

そして当然ですが、英語の読解力も高まります。

 

 

体験談にもtoeicなどの点数が上がったと

出ていますが、参考書を読む速度が早まり、

記憶定着力も高まれば当たり前です。

 

 

オススメはこの速読法を実践しながら、

基本英単語の参考書を一気に読んで

覚えてしまう事です。

 

 

その知識を持って英文を前から読んでみて下さい。

今までと全く違うスピードと理解力で読み込めます。

 

 

僕は脳科学者ではないので、確かな事は言えませんが、

脳の仕組みに関する書籍はたくさん読んでいます。

 

 

その知識で言えば、恐らく、脳の中で英語反応速度、

つまり英語を理解する速度が早まり、英語⇒日本語⇒英語

というプロセスが消え、英語⇒英語に変わっているはずです。

 

 

英会話をマスターしている人達は例外無く英文も

多く読んでいる、多読な人達です。

 

 

僕も英語の本は良く読んでいます。

 

 

多くの人達は英会話は口で話し、耳で聞くんだから

目で読むなんて必要ないと思っていますが・・・

 

 

大間違いです。

 

 

それは目で読む事で脳の中の英語反応処理能力

を高められるからです。

 

 

もちろん音も重要です。

 

 

発音などをマスターして音をプロデュース

できる必要があります。

 

 

そしてその音をプロデュースできるようになると

リスニング力が格段に上がります。

 

 

これは上記のジェームスの発音方法を実践すれば

分かると思います。

 

 

そしてリスニング力で耳から入って来た情報を処理

するのが脳です。

 

 

最終的にこの脳が英語の理解を処理

するのは当たり前です。

 

 

それをリーディングという形で鍛えておくのは

最もスキマ時間などを有効に活用できる方法なのです。

 

 

海外のサイトなどを見る時にサラッと

読めるようになるとそれだけでストレスが

軽減されます。

 

 

まずは川村先生の速読法で速読を学んでから

このようなとても簡単な洋書を辞書無しで読んでみて下さい。

http://www.entrek.jp/4sfhenkn

 

 

この洋書はぐいぐい引き込まれる非常に

優れたストーリー性があり、僕の個別指導でも

使っているモノです。

http://www.entrek.jp/4sfhenkn

 

 

川村先生の速読法を身につけながら、

このような洋書を読むとびっくりするぐらい速く英語を

読む感覚がつかめます。

↓ ↓ ↓

http://www.entrek.jp/xso53lky

 

 

紹介サイトにデモが出ていますので、

あなたの現在の速読レベルを計測してみて下さい!

------------------------------------------------------------------

 ■1日数分遊ぶ感覚で英語反応速度を高める

------------------------------------------------------------------

 

 ■数々の特許を元に作られた本当に使える速読術!

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 任天堂DS「脳を鍛える」で有名な川村明宏先生が

 開発した速読法のテキストとトレーニングサイト!

 

 速読をマスターして脳の処理能力を上げ、

 英語反応速度を上げたい方は

 いますぐこちらをクリックしてください

 ↓ ↓ ↓

http://www.entrek.jp/xso53lky

 

※上記HPの中ほどで教材のトレーニングデモを公開しています。

※365日の完全返金保証付きです。

 

 

 

僕が唯一認めた英語発音方法はこちらです。

こんな発音方法は他に絶対ありません。

------------------------------------------------------------------

 ■90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる

------------------------------------------------------------------

 

 ■発表!ついに新しい英語学習法をジェームス・スキナーが実用化

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 「7つの習慣」など228万部のベストセラー作家でビートたけしの

 TVタックルなどのメディアでもおなじみのジェームス・スキナーが教える、

 90分でネイティブに「美しい英語!」と言われる方法(DVD)

 

 waterの一言も通じなかった男性が

 4ヶ月後にはネイティヴと英語で談笑できるようになりました。

 

 サイト内でも洋楽シンガーやラジオDJ、英会話講師、同時通訳者が

 「こんな英語プログラムが欲しかった」と絶賛しています。

 

 来年こそ、英語ペラペラになりたいあなた、

 TOEICやTOEFLのスコアをアップさせたいあなた、

 いますぐこちらをクリックしてください

http://www.business-creator.jp/tool/cs2/461/

 

※上記HPの中ほどで教材の一部映像(約18分)を公開しています。

※60日間の完全返金保証付きです。

 

 

 

■ 本日のトピック━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

【英会話の短縮パターンを知る パート2】

 

 

本日も先日に引き続き、

英会話の短縮パターンを知る パート2

と題してお送りします。

 

 

先日、ある種の短縮パターンをお伝えしましたが、

以前からお伝えしている省略パターンも含めて

知らないと特にリスニングを難しくさせます。

 

 

省略されている時は完全に聞き取れませんが、

短縮パターンは省略されている訳ではないですが、

非常に聞き取りは難しくなります。

 

 

我々はネイティブではありませんから、

省略や短縮パターンを使う必要はありません。

 

 

しかしネイティブは多くのケースで

短縮あるいは省略パターンを使用しますので

理解は必要です。

 

 

そんな短縮されているケースとして

本日は「動詞と同化」について

お伝えしますね。

 

 

短縮語については先日お伝えしたので

大丈夫ですね?

 

 

これは日本語でも良く有りますが、

元々あった単語が短縮されるケースです。

 

 

日本語での例を挙げると、

就職活動⇒就活という事をお伝えしました。

 

 

そしてその短縮語で動詞の短縮を

まずお伝えします。

 

 

これは結構有名ですが、知っている人も復習の

つもりで読んで下さい。

 

 

【be動詞短縮】

 

she's (she is)

 

we're (we are)

 

I'm (I am)

 

it's (it is)

 

 

【will】

 

I'll (I will)

 

you'll (you will)

 

it'll ( it will)

 

they'll ( they will)

 

 

【would】

 

I'd ( I would)

 

you'd (you would)

 

she'd ( she would)

 

it'd ( it would)

 

 

【have】

 

I've ( I have)

 

we've ( we have)

 

you've ( you have)

 

she's ( she has)

 

it's ( it has)

 

*she's と it'sなどbe動詞の短縮ではありません。

 

 

【not +動詞】

 

isn't (is not)

 

aren't ( are not)

 

won't ( will not)

 

mustn't ( must not)

 

couldn't ( could not)

 

 

【助動詞+have】

 

could've (could have)

 

should've ( should have)

 

may've ( may have)

 

might've ( might have)

 

must've ( must have)

 

 

続いて、同化です。

 

 

同化の代表的なモノが以下の3つです。

 

 

【going to = gonna】

 

 

<Aren't you gonna tell me how you did it?>

 

 

【want to = wanna】

 

 

<I don't wanna eat.>

 

 

【have got to = gotta】

 

 

<I gotta go right now.>

 

 

上記3つの中でgonnaとwannaは

結構有名なのでご存知の方々も

多いと思います。

 

 

意外とgottaの浸透があまり無いような気がしますが、

これは頻繁に使われます。

 

 

have got toとは正に「~しなければならない」

という強い義務や提案です。

 

 

非常に口語的な表現です。

 

 

have to do やmust doと同じような意味ですが、

have toよりも強い義務や提案のイメージがあります。

(mustは更にその上を行く強いイメージ)

 

 

have to doは以前にもお伝えしましたが、

to doリストを持っている(have)というイメージです。

 

 

だから日本語の「~しなければならない」という

強いイメージでもありません。

 

 

そのイメージにより近いのは

gotta( have got to)です。

 

 

gottaの発音はガタあるいはガラに

近い感じです。

 

 

これが良く洋画の英語字幕を出して見ていると

got toと書かれているケースがあります。

 

 

洋楽の歌詞でもそうですね。

 

 

だから一瞬、get to(到着する=arrive at)

の過去形(got to)か?と勘違いする場合もあります。

 

 

さて、ここまで短縮パターンをお伝えして来ましたが、

もちろん話し手の主観によって強調したい箇所は

短縮が起こらない事を最後にお伝えしておきます。

 

 

例えば相手の美しさを強調したい時に、

you're so beautiful.だと何か味気ないです。

 

 

これを

 

 

You are so beautiful.(areに強調)

 

 

だと非常に相手に伝わります。

 

 

この辺りは日本語と同じようなニュアンスが

ありますね。

 

 

■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 

フィギュアスケートの真央ちゃんが次のオリンピック

後に引退するというニュースが出ていました。

 

次のオリンピックに出場してもまだ若いと

思いますが、本人には色々思う所があったのでしょう。

 

キムヨナという最大のライバルがいて

バンクーバーでは銀メダルでしたが、最後のオリンピック

は何とか勝たせてあげたいと感じてしまいます。

 

と言っても応援以外、

僕が出来る事は無いのですが・・・

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!!

感謝!感謝!感謝!

 

Be all you can be!

Where there is a will, there is a way!

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
英語教材徹底比較道場
全て市販の安価な教材でamazonでも高い評価のものを中心に紹介しています。
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
6 7 11 12
13 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/03 ロレックス激安ブランド館]
[11/21 top online shooter]
[11/02 online shooter multiplayer]
[10/07 グッチ コピー 激安]
[10/04 クロムハーツ 財布 偽物]

管理人おすすめ

英語教材徹底比較道場

留学生公認-英語教材徹底比較道場のブログです。
留学生の視点から安価な庶民派でありながらバイブル的存在な英語教材を紹介します★
詳細は下記ロゴをクリックしてHPでぜひ確認してみてください!!
留学生公認-英語教材徹底比較道場

KIndle×電子ブック

英語漬けにするには、やはりamazonのkindle(キンドル)です。
特に英文読み上げ機能がすごい!リスニングの学習にも最適なんです★

amazonで購入可能です。

ブックマーク

毎月2回~3回更新します。
ぜひブックマークをお願いします。

ランキング

英語教材徹底比較道場
amazonで特に評価の高い市販教材のランキング★

英語教材徹底比較道場
Essential Grammar in Use Edition with Answers and CD-ROM PB Pack (Grammar in Use)
価格:4000円程度
第二外国語を英語とする人にための、英語で英語を勉強するための本です。
世界的に非常に有名な本です。

英語教材徹底比較道場
機関銃英語が聴き取れる!-リスニングの鍵はシラブルとビート-
価格:1,575円程度
究極のリスニング本です。amazonでの評価数もぶっ飛んでいるリスニングのHow to本です。「シラブル」と「ビート」を聞き分けることで格段にリスニング力を高めることを目的とした本です。

英語教材徹底比較道場
ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 1) Shogakukan English comics
価格:800円程度
ドラえもんの英語版コミックです。
英語のリハビリや英会話学習にぴったりです。とにかく楽しく英語を読んでいるということを忘れます。

おすすめ

Copyright ©  -- 英語学習・英語教材徹底比較道場のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ