忍者ブログ

英語学習・英語教材徹底比較道場のブログ

元トラックドライバーからMBAホルダーとなったGLJ英語学院代表が公認する英語教材英語学習を徹底比較するサイトです。


90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる

自信が身につく習慣(neither norの誤解)

こんにちは。

山本です。

こちらは晴れて非常に暖かい日でした。

さて、本日の英語回路トレーニングは

【自信が身につく習慣(neither norの誤解)】

です。

それでは、本日もいってみましょう!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:オススメ厳選情報

 3:編集後記

■ 本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【自信が身につく習慣(neither norの誤解)】

本日は自信が身につく習慣として

挙げられていた内容からです。

自信って非常に大切ですね。

過信に変わったらダメですが・・・

自信を持って日々を送りたいものです。

その内容からneither norではなく、

orが使われている事を理解しましょう!

【Today's Sentence】

The point here is neither to give yourself 

some kind of bogus pep talk or 

to berate yourself like a drill instructor. 

Rather, what we’re doing here is gentling 

reminding ourselves of why we want or need 

to accomplish a goal we’ve set for ourselves.

■ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

 

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英語へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

【bogus】

 

意味:偽の(形容詞)

 

発音:ボウグス(グスは口元を閉じ気味で)

<一番強く発音する箇所:boのou>

【pep】

 

意味:元気(名詞)

 

発音:ペェプ(プは素早くはじくように)

<一番強く発音する箇所:pepのe>

【berate】

 

意味:叱りつける(動詞)

 

発音:ベレイト(レは舌を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:rateのa(ei)>

【drill】

 

意味:演習(名詞)

 

発音:ドリゥ(ゥは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:riのi>

【gentle】

 

意味:優しくする(動詞)

 

発音:ジェントゥ(ゥは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:genのe>

【remind】

 

意味:気づかせる(動詞)

 

発音:リマインド(リは舌を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:mindのi(ai)>

【accomplish】

 

意味:成し遂げる(動詞)

 

発音:アコンプリッシュ(リは舌先を上前歯裏へ)

<一番強く発音する箇所:ccomのo(a)>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:偽の(形容詞)

2:元気(名詞)

3:叱りつける(動詞)

4:演習(名詞)

5:優しくする(動詞)

6:気づかせる(動詞)

7:成し遂げる(動詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を"味わって"下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【1: bogus】

⇒not true or real, although someone 

is trying to make you think it is:

【2: pep】

⇒physical energy:

【3: berate】

⇒to speak angrily to someone 

because they have done something wrong:

【4: drill】

⇒a method of teaching students, 

sports players etc something by making them 

repeat the same lesson, exercise etc many times:

【5: gentle】

⇒kind and careful in the way you behave 

or do things, so that you do not hurt or 

damage anyone or anything:

【6: remind】

⇒to make someone remember 

something that they must do:

【7: accomplish】

⇒to succeed in doing something, 

especially after trying very hard:

■ ステップ2:Chunk Grammar ━━━━━━━━━━━━━

続いて極力学校英文法に頼らず英文を

前からチャンク(文の塊)ごとに理解しましょう。

どんなシーンでも英文をチャンクごとに

把握しイメージする力が付くと飛躍的に

英語力は上がります。

そこでちょっと変わったチャンク分析を行いますが、

慣れると分析なしで自然に把握して行けます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

The point here is neither to give yourself 

some kind of bogus pep talk or 

to berate yourself like a drill instructor. 

Rather, what we’re doing here is gentling 

reminding ourselves of why we want or need 

to accomplish a goal we’ve set for ourselves.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…  

 

【★chunking 1★】

=The point here is neither to give yourself 

some kind of bogus pep talk or 

to berate yourself like a drill instructor. =

最初に核となる物語からスタート。

主人公はThe point hereで

is以下の状態に存在している事を

話し手は距離を近くに感じている(現在形)。

どんな状態か?は

「neither」な状態である。

つまりこの時点で2つの否定的な

状態が貼付けられる事が分かる。

neitherは通常、後にnorを伴い

neither A nor Bというイメージで

「AでもBでも無い」事を

言い表す時に使われる。

しかしこの表現はネイティブでも

norを使わない場合がある。

実際に今回取り上げている例文でも

後に出てくるのはnorではなくorである。

つまりneither A or Bという

型になっている。

これでも別に意味は通るし、

norでなくてもorでも問題ない。

つまりneither A nor Bではなく、

neither A or Bとして使っても

別に構わないという事。

テストでは間違いでも実際には

間違われながら使われているので。

チャンクに戻すと、

主人公はneitherという

否定の状態に存在している(is)。

最初の否定された状態は

「to give yourself 

some kind of bogus pep talk」

矢印のtoで「こちら」とgive

という動作状態を導いている。

そしてgiveという動作パワーが

直後の名詞yourselfに直接及び、

そのパワーでsome kind of 

bogus pep talkという名詞を

手渡している状態(手渡しパターンの型)。

そしてnorではなくorで次の

否定された状態が来ている。

「to berate yourself 

like a drill instructor」

こちらも矢印のtoで「こちら」

とberateという動作状態を導いている。

そしてberateという動作パワーが

直後のyourselfという名詞に直接

及んでいる事を感じる。

更にlike a drill instructorで

その動作状態を別の表現に置き換え

彩りを与えている。

【★chunking 2★】

=Rather, what we’re doing here is gentling 

reminding ourselves of why we want or need 

to accomplish a goal we’ve set for ourselves.=

チャンク1と対比させるイメージで

最初にRather(むしろ)からスタート。

つまりRather以下はチャンク1の

内容とは違う視点で述べられる事が分かる。

主人公はwhat we’re doing here

でその主人公がis以下の状態に

存在している事を話し手は距離を

近くに感じている(現在形)

主人公のwhatは「何?それはね・・・」

という疑問に自ら答えている関係詞。

what以下の文章ごと主人公

としての機能つまり名詞の

機能を持つ事を覚えておく。

what内はweが主人公でare以下の

doing hereな状態に存在している。

whatを含む主人公はどのような

状態か?は直後の

「gentling reminding」

という状態である。

gentleとremindという動作に

~ing形を付けて活き活きした感じを

演出している。

このように2つの~ing形が続くには

珍しいが、口語では良く起こる現象

なので文法ルールはあまり

気にせずそのまま2つども

順番に感じればOK。

そしてそのgentlingとreminding

という動作パワーは直後の

ourselvesに直接及んでいる事を感じる。

更にofが続いてourselvesと

繋がりを持つ内容が説明されている。

「why we want or need to accomplish 

a goal we’ve set for ourselves.」

最初に来るwhyは前述したwhatと同様に

「なぜ?それはね・・・」と疑問に自ら

答える関係詞である。

このwhy以下の内容も全て名詞としての

機能を持つ事が可能。

つまり主人公にもなれるし、

いわゆる目的語や補語と呼ばれる

文章に必要な要素にもなれるという事。

*文章に必要な要素

(主語・動詞・目的語・補語で

型によって要素が色々入れ変わる)

それではwhy以下はどうなっているか

といえば、物語形式で説明されている。

主人公はweでwantまたはneed

という動作状態にある事を話し手は

距離を近くに感じている(現在形)。

2つの動作の直後に名詞が無いので

その動作パワーは主人公自ら消化している。

その動作パワーを消化している

状態にtoで「こちら」と何やら導いている。

それがaccomplishという

動作状態である。

更にこのaccomplishという動作パワーは

直後のa goalという名詞に及んでいる状態。

そして最後にa goalに

we've set for ourselvesという

内容をペタッと貼付けて

a goalに彩りを与えている。

これはa goalとwe'veの間に

thatまたはwhichという関係詞が

省略されているが、

英語の並列の法則(隣り合う語句には

強い結びつきがある)と考えて、

ただ貼付けてa goalに彩りを

与えていると単純に考えてもOK。



■ ステップ3:Chunk Translation ━━━━━━━━━━━━━

ここでは綺麗な意訳ではなく、

チャンクごと前から意味を理解しましょう。

英文を返り読みをしていては

いつまでも実践で英語は使えません。

その為に解答例は少し理解しにくい

変な日本語訳です。

The point here is neither to give yourself 

some kind of bogus pep talk or 

to berate yourself like a drill instructor. 

Rather, what we’re doing here is gentling 

reminding ourselves of why we want or need 

to accomplish a goal we’ve set for ourselves.

 <解答例>

ここでのポイントはね、違うんだよ。

与えるのとはね、君に何か偽の元気トークをさ、

あるいは叱りつけるのとはね、君をまるで

演習するインストラクターのようにね。

むしろ、我々がここでする事はね、

優しくするんだよ、気づかせるんだよ、

我々自身にさ、何でしたいの、あるいは

必要なの、達成する事がね、ゴールをさ、

セットしたやつね、自分達の為に。

■ ステップ4:Chunk Making Sentences ━━━━━━━━━

ステップ4では瞬時に日本語訳を

英文に変えましょう。

ここでは与えられた秒数以内に

答えられるようにして下さい。

時間をかけて答えると英語回路の

構築はできません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

以下の日本語をチャンクを組み立てる意識で

与えられた秒数以内に英語で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

ここでのポイントはね、違うんだよ。

与えるのとはね、君に何か偽の元気トークをさ、

あるいは叱りつけるのとはね、君をまるで

演習するインストラクターのようにね。

むしろ、我々がここでする事はね、

優しくするんだよ、気づかせるんだよ、

我々自身にさ、何でしたいの、あるいは

必要なの、達成する事がね、ゴールをさ、

セットしたやつね、自分達の為に。

(20秒以内)

■ ステップ5:Pronounce ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。

既に例文の意味理解は出来ているはずですので

発話実感を込めて2つか3つの単語を

1つの塊にして(スラッシュ箇所を参考に)

音読して下さい。(発話実感の無い音読は時間のムダ)

単語の塊(2, 3語)の間にwellやyou knowといった

繋ぎ言葉を入れて間をあけて読むあるいは

手などを動かしながら読むとより

実践的でかつ効果的です。

スラッシュとスラッシュの間はなるべく

滑らかにスピーディーに情報をペタペタ

貼付けて行く意識を持って読みましょう。

(最低10回は音読して下さい)。

「一読入魂!!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

The point here is / neither to give yourself 

/ some kind of bogus pep talk or / 

to berate yourself /  like a drill instructor. 

Rather, / what we’re doing here / is /gentling 

reminding ourselves of / why we want or need 

/ to accomplish a goal / we’ve set for ourselves.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

neither A nor Bという型は

AもBも違うという意味では

有名なので必ずneitherの後には

norが来るモノだと思っています。

しかし実践の英語では今回のように

orが来ておりそれでも意味は通ります。

テストでは間違いかもしれませんが、

実践で使われているのですから

決して間違いとは言えませんね。

本日は以上です。

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

http://www.gljeigo.jp/pooeep8d

■ オススメ厳選情報━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

独学でも英会話をマスターしようと

頑張る人へのオススメ情報です。

ここでご紹介する内容は実際に目にして、

手に取ったモノを同業者として厳しい目で

選別していますので安心してご覧下さい。

<厳選基準>

1:英会話上達に必要な要素が含まれている

2:弊社教材・個別指導には無い特徴を持つ

3:提供者が信頼できる会社・人物である

4:コストパフォーマンスが良い

5:継続性高く取り組みやすい作りである

<本日の厳選>

------------------------------------------------------------------

 ■これが本当に英語が口から溢れ出す方法

------------------------------------------------------------------

■七田式最新メソッド7+English

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

七田先生は2009年に永眠されて

しまいましたが、先生の方法を継承して

短期間でスピーキング力を上げる方法が登場しました。

七田メソッドは我が家の娘にも

やらせていたぐらい素晴らしい手法です。

間違いなく1日5分聞き流すだけで

英語が口から溢れて来るというモノより、

自分の実力以上の英語が口から勝手に

溢れて来るあの感覚を超加速して

実現させる方法です。

英会話のスピーキングに特化した内容ですが、

そのトレーニング方法を通じて

ネイティブ英語がスローに聞こえて来る

高速学習を取り入れています。

 

こちらからご覧下さい。

↓ ↓ ↓

http://www.entrek.jp/f3ht5dwu

■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

自信とは自分を信じる事

と書きますね。

僕らは自分に自信が無いと

良く言いますが、

それは自分を信じていない

という事と同義です。

自分という最も近くにいる存在を

信じてあげられないのは悲しい限りです。

しかしそんな自分を信じてあげられる

手段として今回の記事には

様々な習慣が出ていました。

全てでなくても1つでも取り入れれば

「自信」のある人生に変わるかも知れません。

是非参考にしてみて下さい!

本日は以上です。

ここまでお読みいただき

ありがとうございました!

Be all you can be!

Where there is a will, there is a way!

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
英語教材徹底比較道場
全て市販の安価な教材でamazonでも高い評価のものを中心に紹介しています。
07 2017/08 09
S M T W T F S
5
6 7 11 12
13 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
[08/03 ロレックス激安ブランド館]
[11/21 top online shooter]
[11/02 online shooter multiplayer]
[10/07 グッチ コピー 激安]
[10/04 クロムハーツ 財布 偽物]

管理人おすすめ

英語教材徹底比較道場

留学生公認-英語教材徹底比較道場のブログです。
留学生の視点から安価な庶民派でありながらバイブル的存在な英語教材を紹介します★
詳細は下記ロゴをクリックしてHPでぜひ確認してみてください!!
留学生公認-英語教材徹底比較道場

KIndle×電子ブック

英語漬けにするには、やはりamazonのkindle(キンドル)です。
特に英文読み上げ機能がすごい!リスニングの学習にも最適なんです★

amazonで購入可能です。

ブックマーク

毎月2回~3回更新します。
ぜひブックマークをお願いします。

ランキング

英語教材徹底比較道場
amazonで特に評価の高い市販教材のランキング★

英語教材徹底比較道場
Essential Grammar in Use Edition with Answers and CD-ROM PB Pack (Grammar in Use)
価格:4000円程度
第二外国語を英語とする人にための、英語で英語を勉強するための本です。
世界的に非常に有名な本です。

英語教材徹底比較道場
機関銃英語が聴き取れる!-リスニングの鍵はシラブルとビート-
価格:1,575円程度
究極のリスニング本です。amazonでの評価数もぶっ飛んでいるリスニングのHow to本です。「シラブル」と「ビート」を聞き分けることで格段にリスニング力を高めることを目的とした本です。

英語教材徹底比較道場
ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 1) Shogakukan English comics
価格:800円程度
ドラえもんの英語版コミックです。
英語のリハビリや英会話学習にぴったりです。とにかく楽しく英語を読んでいるということを忘れます。

おすすめ

Copyright ©  -- 英語学習・英語教材徹底比較道場のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ