忍者ブログ

英語学習・英語教材徹底比較道場のブログ

元トラックドライバーからMBAホルダーとなったGLJ英語学院代表が公認する英語教材英語学習を徹底比較するサイトです。


90分でネイティヴに通じる美しい英語が話せる

プレシャスタイムを有効に!(チャンクの感覚)

こんにちは。

山本です。

もう金曜日ですね。

何だか早いです。

さて、本日の英語回路トレーニングは

【プレシャスタイムを有効に!(チャンクの感覚)】

です。

それでは、本日もいってみましょう!

_/_/_/_/ I N D E X _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1:本日の英語回路トレーニング

 2:オススメ厳選情報

 3:編集後記

■ 本日の英語回路トレーニング━━━━━━・・・・・‥‥‥…

【プレシャスタイムを有効に!(チャンクの感覚)】

本日はプレシャスタイム、つまり

貴重な時間を有効利用する内容からです。

時間程大切な資産は無いが、

大切にされない資産も無いという

格言もあります。

Nothing more precious than time, 

but nothing is less valued.

その時間を有効利用する為の内容から

久々にチャンクの感覚について理解しましょう!

【Today's Sentence】

You can avoid the problem 

of running out of time

by following the tips 

for making more use 

of your precious time.

■ステップ1:Vocabulary Building━━━━━━━━━━━━

 

厳選した英単語を以下の9ステップを参考に

声に出して能動的に使えるようにしましょう。

【★英単語を能動的に使う3つの方法★】

1:英単語を英語まま理解する(英英辞書など使用)

2:英単語を映像として理解する(イメージ化)

3:日本語訳から1秒以内に英語へ変換する

【★英語の発声準備9ステップ★】

1:大きな口でアイウエオ3回

2:えくぼを作るような口の形を作る3回

3:上前歯で下唇を軽く噛みながらフッと3回

4:舌先を大げさに上下前歯の間で出し入れする3回

5:舌先を前歯裏歯茎に付けて離す3回

6:舌先を喉元奥の方へ丸める3回

7:舌の根元を上の奥歯に付けて離す3回 

8:おへその下辺りに力を入れる

9:口元も舌もリラックスした状態

*一番強く発音する箇所で大きく強く、

長く、高く少し大げさに読んでみて下さい。

【run out of】

 

意味:使い果たす(動詞句)

 

発音:ラナウトアヴ(ヴは上前歯を下唇へ)

<一番強く発音する箇所:runのu(a)>

【make use of】

 

意味:利用する(動詞句)

 

発音:メイクユースオヴ(ヴは上前歯を下唇へ)

<一番強く発音する箇所:makeのa>

【precious】

 

意味:貴重な(形容詞)

 

発音:プレシャス(レは舌を喉元へ)

<一番強く発音する箇所:preのe>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

 以下の日本語に対応する英単語を1秒以内で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1:使い果たす(動詞句)

2:利用する(動詞句)

3:貴重な(形容詞)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

1秒以内で答えられたら次の英訳を"味わって"下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

【1: run out of】

⇒to use all of something 

and not have any more left:

【2: make use of】

⇒to use something well:

【3: precious】

⇒something that is precious is valuable 

and important and should not be wasted 

or used without care:

■ ステップ2:Chunk Grammar ━━━━━━━━━━━━━

続いて極力学校英文法に頼らず英文を

前からチャンク(文の塊)ごとに理解しましょう。

どんなシーンでも英文をチャンクごとに

把握しイメージする力が付くと飛躍的に

英語力は上がります。

そこでちょっと変わったチャンク分析を行いますが、

慣れると分析なしで自然に把握して行けます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

You can avoid the problem 

of running out of time

by following the tips 

for making more use 

of your precious time.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…  

 

【★chunking 1★】

=You can avoid the problem=

最初に核となる物語からスタート。

主人公はyouでその主人公が

can avoidという動作状態にある事を

話し手は距離を近くに感じている(現在形)。

そしてcan avoidの直後にthe problem

という名詞があるのでその動作パワーは

この名詞に直接及んでいる事を感じる。

本来は意味が通る・

通らないは別として、

構造上はこの物語だけで

完結しても全く問題はない。

それは今までもこのメールで

お伝えして来た英文物語は全てそう。

しかし核となる物語を終えて

後からペタっと情報を色々貼付けて行く

事が英語の基本(例外ももちろんある)。

その内容がここから続く。

【★chunking 2★】

=of running out of time

by following the tips=

チャンク1の核となる物語の最後に

出て来たthe problemにまずは

「of running out of time」

という内容をペタッと貼付けている。

the problemがof以下と繋がりを

持って飛び出している状態。

いつも伝えているこぶ取り爺さんの

「コブof爺さんの頬」と同じイメージ。

of以下はrunning out of time

だがrun outは「走りがアウト」

つまり走らなくなり、

そこから意味が派生して燃料などを

使い果たすというシーンで良く使われる

イディオムである。

更にrun outがまたofによって

the timeと繋がりを持って

飛び出している状態。

つまり「時間という資産が

不足している」という状態である。

更に「by following the tips」

という内容をペタッと貼付けている。

byは側に漂うイメージだが、

following the tipsがフワフワ

浮いている状態。

【★chunking 3★】

=for making more use 

of your precious time.=

更にfor以下の内容をペタッと

チャンク2に貼付けている状態。

forは目的・理由のコアを持ちながら

方向を示す言葉である。

示されている内容は

「making more use」

直訳すれば

「作っているもっと使う状態を」

という事で、

良くmake useで利用する

というイディオムで使われる。

間にmoreが入っているので単なる

利用するよりもっと効率的に利用する的な

イメージを受ける。

それがof以下のyour precious time

と繋がり飛び出している状態。

ここでもう1度整理すると、

You can avoid the problem 

of running out of time

by following the tips 

for making more use 

of your precious time.

最初の物語を終えた後に

それぞれのチャンクを後から

どんどん貼付けているのが分かる。

正にこの感覚がとても大切。

口語であれば貼付けて行くタイミングは

ぶっちゃけどこでも良い。

分かりやすく文法的な切れ目

(例えば関係詞の前など)で

一呼吸置いて貼付けて行っても良い。

例えば中には、

You can avoid the problem of・・・

running out of time by・・・

following the tips for・・・

making more use of・・・

your precious time.

のように区切って後から

ペタペタ貼付けるケースもある。

あるいは最初の物語すら、

You can avoid・・・

the problem of・・・

のように細かく区切っても

問題ない。

ただし区切った箇所から次の

区切る箇所まではなるべくスムーズに

素早く伝えてあげるとネイティブ相手

だったら理解してもらえやすい。

後から貼付けて行く感覚、

貼付けて行く箇所は基本自由、

貼付けを行う場所から次の場所までは

なるべくスムーズに発音する。

という意識を持って実践だけでなく

音読練習などにも取り組むと

より効果的である。

テキストの音声やネイティブが

言っている状態を聞くと、

あたかも一気に伝えなければならない

錯覚に陥るがノンネイティブの我々に

その必要性はない。

■ ステップ3:Chunk Translation ━━━━━━━━━━━━━

ここでは綺麗な意訳ではなく、

チャンクごと前から意味を理解しましょう。

英文を返り読みをしていては

いつまでも実践で英語は使えません。

その為に解答例は少し理解しにくい

変な日本語訳です。

You can avoid the problem 

of running out of time

by following the tips 

for making more use 

of your precious time.

 <解答例>

君はできるよ、避ける事がね、その問題を、

無くなっちゃうね、時間がさ、

ここにあるティップスでね、

もっと効率的に利用できるよ、

君の貴重な時間をさ。

■ ステップ4:Chunk Making Sentences ━━━━━━━━━

ステップ4では瞬時に日本語訳を

英文に変えましょう。

ここでは与えられた秒数以内に

答えられるようにして下さい。

時間をかけて答えると英語回路の

構築はできません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

以下の日本語をチャンクを組み立てる意識で

与えられた秒数以内に英語で答えて下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

君はできるよ、避ける事がね、その問題を、

無くなっちゃうね、時間がさ、

ここにあるティップスでね、

もっと効率的に利用できるよ、

君の貴重な時間をさ。

(10秒以内)

■ ステップ5:Pronounce ━━━━━━━━━━━━━

それでは最後の仕上げです。



既に例文の意味理解は出来ている

はずですので発話実感を込めて音読を

して下さい(発話実感の無い音読は時間のムダ)。

そしてwellやyou knowといった繋ぎ言葉を

使って間を空けながらチャンクを後から

追加していくイメージで最低10回は音読して下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥… 

You can avoid the problem, you know, 

of running out of time, well, 

by following the tips, you know, 

for making more use 

of your precious time.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

チャンクを後からどんどん貼付けて行く

感覚は理解できたでしょうか?

今回の例文のように核となる物語を

先にバシッと伝える。

その後に色々貼付けて行く事で

より物語に彩りを与えて行きます。

もちろん一番最後に核となる

物語が登場するなど例外はありますが、

基本的には今回の例文のような

イメージで英語は後からどんどん

追加情報を入れて行きます。

追加情報となる貼付ける量(チャンク数)

は自分のできる範囲内、裁量で問題ないです。

ただしそのチャンクはスムーズに

なるべく素早く伝える意識が必要です。

ネイティブは一気にこれぐらいの

例文を伝えたり、

テキストにある音声なども一気に

伝えますが、

それは我々基準ではないので

注意しましょう。

いずれにしても基本は何事も大切なので

今回の型を理解して間を空けながら、

どんどん貼付けて行く練習をしましょう。

本日は以上です。

本日の記事は以下よりご覧いただけます。

http://www.gljeigo.jp/7g6f7fsf

■ オススメ厳選情報━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

独学でも英会話をマスターしようと

頑張る人へのオススメ情報です。

ここでご紹介する内容は実際に目にして、

手に取ったモノを同業者として厳しい目で

選別していますので安心してご覧下さい。

<厳選基準>

1:英会話上達に必要な要素が含まれている

2:弊社教材・個別指導には無い特徴を持つ

3:提供者が信頼できる会社・人物である

4:コストパフォーマンスが良い

5:継続性高く取り組みやすい作りである

<本日の厳選>

------------------------------------------------------------------

 ■これが本当に英語が口から溢れ出す方法

------------------------------------------------------------------

■七田式最新メソッド7+English

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

七田先生は2009年に永眠されて

しまいましたが、先生の方法を継承して

短期間でスピーキング力を上げる方法が登場しました。

七田メソッドは我が家の娘にも

やらせていたぐらい素晴らしい手法です。

間違いなく1日5分聞き流すだけで

英語が口から溢れて来るというモノより、

自分の実力以上の英語が口から勝手に

溢れて来るあの感覚を超加速して

実現させる方法です。

英会話のスピーキングに特化した内容ですが、

そのトレーニング方法を通じて

ネイティブ英語がスローに聞こえて来る

高速学習を取り入れています。

 

こちらからご覧下さい。

↓ ↓ ↓

http://www.entrek.jp/f3ht5dwu

■ 編集後記━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥…

前述しましたが、

Nothing is more precious than time,

but nothing is less valued.

という名言は本当に的を

得ていると思います。

時間ほど大切なモノは無いと思うし

皆言うのですが・・・

これほど大切にされない

資産もないですね。

それは当たり前に24時間与えられ、

それが二度と取り戻せないモノだという

認識が薄いからでしょうね。

僕も毎分毎秒時間を大切にしているか?

と問われればそんな事はないですが、

基本的には最も大切な資産として

その運用をいつも効果的に行うよう

色々管理をしています。

その中で今回記事に紹介されていた

7つのtipsは参考になりました。

是非参考にして時間という資産を

有効活用しましょう!!

本日は以上です。

ここまでお読みいただき

ありがとうございました!

Be all you can be!

Where there is a will, there is a way!

PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
英語教材徹底比較道場
全て市販の安価な教材でamazonでも高い評価のものを中心に紹介しています。
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 7
8 9
15
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[10/10 ロレックス激安ブランド館]
[09/01 サングラス コピー]
[09/01 ブランド激安市場時計専門店]
[08/03 ロレックス激安ブランド館]
[11/21 top online shooter]

管理人おすすめ

英語教材徹底比較道場

留学生公認-英語教材徹底比較道場のブログです。
留学生の視点から安価な庶民派でありながらバイブル的存在な英語教材を紹介します★
詳細は下記ロゴをクリックしてHPでぜひ確認してみてください!!
留学生公認-英語教材徹底比較道場

KIndle×電子ブック

英語漬けにするには、やはりamazonのkindle(キンドル)です。
特に英文読み上げ機能がすごい!リスニングの学習にも最適なんです★

amazonで購入可能です。

ブックマーク

毎月2回~3回更新します。
ぜひブックマークをお願いします。

ランキング

英語教材徹底比較道場
amazonで特に評価の高い市販教材のランキング★

英語教材徹底比較道場
Essential Grammar in Use Edition with Answers and CD-ROM PB Pack (Grammar in Use)
価格:4000円程度
第二外国語を英語とする人にための、英語で英語を勉強するための本です。
世界的に非常に有名な本です。

英語教材徹底比較道場
機関銃英語が聴き取れる!-リスニングの鍵はシラブルとビート-
価格:1,575円程度
究極のリスニング本です。amazonでの評価数もぶっ飛んでいるリスニングのHow to本です。「シラブル」と「ビート」を聞き分けることで格段にリスニング力を高めることを目的とした本です。

英語教材徹底比較道場
ドラえもん Doraemon ― Gadget cat from the future (Volume 1) Shogakukan English comics
価格:800円程度
ドラえもんの英語版コミックです。
英語のリハビリや英会話学習にぴったりです。とにかく楽しく英語を読んでいるということを忘れます。

おすすめ

Copyright ©  -- 英語学習・英語教材徹底比較道場のブログ --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ